医師転職

『兵庫』の医師転職支援サービス一覧

  リクルートドクターズキャリア
リクルートドクターズキャリア
詳細
対応地域 全国対応(北海道〜沖縄)
求人数 10,000件以上
特徴 高収入、土日祝日休み、育児支援体制
 有りの求人あり

・科目別求人数は業界トップクラス
・リクルートグル―プの運営で安心
・コンサルティング型、利用料無料
  医師転職ドットコム
医師転職ドットコム
詳細
対応地域 全国対応(北海道〜沖縄)
求人数 28,000件以上
特徴 希望条件達成率78%
・業界最大級の求人数
・高額年収、好条件の求人あり
・上場企業の運営だから安心
・コンサルティング型、利用無料
  FAドクター
FAドクター
詳細
対応地域 全国対応(北海道〜沖縄)
求人数 60,000件以上
特徴 利用者の82%が「満足」「感動した」
 との感想。

・希望があれば新居探しやも手伝い、近
 隣の様子を動画撮影などもOK
・コンサルティング型、利用無料
  メディカルプラネット
メディカルプラネット
詳細
対応地域 全国対応(北海道〜沖縄)
求人数 600件以上
特徴 産業医師、女性医師、健診機関の求人
 特集あり

・コンサルティング型、利用料無料
  民間医局
民間医局
詳細
対応地域 全国(北海道〜沖縄)対応
求人数 7,000件以上
特徴 ・非公開求人が8割
・業界最大級の実績
 (年間成約件数2万件以上)
・コンサルティング型、利用料無料

 

弁護士への転職

Q:「医師を辞めて弁護士に転職したいのですが?」

A:

医師を辞めて他の職業に転職する、という人は他の職種と比べると多くありません。

このような人は、全体の1%いるかいないかではないでしょうか。

医師という職業が、地位も報酬も高いからでしょうね。

小説家や漫画家・会社員など様々な転職先がありますが、ごく稀に弁護士を目指すという人もいるようです。医師と弁護士のダブルライセンスで医療知識を生かして、医療過誤訴訟などに携わるというのが多いでしょう。

弁護士になるには、二通りの方法があります。

一つは、法科大学院に2年ないし3年通い、卒業後新司法試験を受験するという方法です。

司法試験に合格後は、1年間の司法修習があります。

この修習の修了試験に合格し、弁護士会に登録することで弁護士として働けるわけです。

法科大学院に入学するためには、厳しい入試を突破する必要があります。

面接試験や小論文、志望動機書の作成や適性試験の受験など、様々な関門があります。

二つ目のルートは、2011年から始まる予備試験を経由するルートです。

予備試験には受験資格はありません。予備試験に合格することで、法科大学院卒業と同じ資格が与えられます。

これを突破し、新司法試験に合格、修習を経て弁護士となります。

いずれにせよ、医師と並ぶほどステータスが高い仕事だけあって、なるのは簡単ではありませんね。

【医師の転職事情 vol.26】